プロフィール

さいたま市在住の40代会社員。仕事では介護福祉分野を中心にアンケート調査や行政計画の支援などを行なっています。通勤ラッシュにもめげずに、アンケート調査業界の目線で日々の暮らしをリサーチしています。タイトルの「日々の変化」は本当に何気ないことで、普段は見過ごしてしまっているものを自分なりの目線で発見できればと思っています。

これまでの歩み

昭和45年埼玉県浦和市生まれ(現さいたま市浦和区)

小学校時代は引っ込み思案で、先生からも「声が小さい」と言われ続けた思い出があります。この「声が小さい」は未だにコンプレックスです。

中学校時代はひねくれ者で、右と言われると左にいくような性格でした。

高校時代は男子校で小規模人数の寮生活をし、大学を経て調査業界に入りました。

会社員のスタートは環境関係の調査に携わっていましたが、転職して、現在福祉関係の調査に従事しています。ちょうど介護保険制度(平成12年スタート)が始まる準備段階の年で、それから現在まで介護保険の調査にはずっと携わっています。

ストレングスファインダーは「調和性」「学習欲」「公平性」「達成欲」「慎重さ」。自分の性格がもろに出ているように感じます。

趣味は、テニスとランニングで、多少ですが筆記具へのこだわりはあります。ただどれも中途半端感は否めません。

健康維持には関心があります。体重が7kgくらい重くなった時期がありましたが、ビリーズブートキャンプがちょうど世の中で流行っていて、適度に1年間続けて元の体重に戻しました。それ以降は自分なりのメニューで体幹・柔軟体操を朝・夜の2回、1回5〜10分こなして、体重を維持しています。ガーミンの活動量計で活動量を記録しています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。