札幌雪まつり前々日の大通公園をのぞいてみました

こんにちは、joe3です。

今日は札幌雪まつりを来週月曜に控えた前々日の話しです。

雪まつりの会場は大通会場とすすきの会場、それと少し離れたつどーむ会場。月曜から始まる雪まつりの前々日の土曜日に札幌を離れるため、この日開催している会場は最寄りが東豊線の栄町のつどーむ会場だけ。

さてどうするか悩んだ末に、まずは大通公園がどんな感じになっているのかという興味もあり、ひとまず見てきました。

開催当日まで公園内は準備のため入れないそう。ただ祭りの準備段階を見る機会もめったにないので逆に楽しみ。

大通公園近くのビル

大通公園の気温はマイナス3℃、なぜわかるかはこのビルに聞いてみましょう。温度計になっている。

公園内の雪像の制作はラストスパート、最後の仕上げをしているようです。重機も出動していました。

雪祭りの雪像

雪まつりの雪像

遠目でも雪像の迫力はさすがでした。実際の雪祭りが見られないのは残念ですが、準備中の状況が見られただけでも収穫でした。

次に大通公園をあとに地下鉄東豊線に乗って、第二の会場であるつどーむ会場まで移動です。

最寄駅は栄町、そこからつどーむ会場までバスも運行していましたが、ここは運動のためにも歩いて会場まで、雪道の中を約15分でした。

途中の歩道で子どもをソリーに乗せて移動している家族に遭遇。なるほど、こういう移動方法もあるのですね。楽しそう。

コミュニティードーム(つどーむ)

つどーむ会場

つどーむ会場は雪の滑り台など子どもの遊べる場所がいっぱい。

この会場での私の収穫といえば、このドーム内にコンサドーレ札幌の選手のサインが飾られていて、その中に元浦和レッズの河合選手や小野選手が見られたこと。(浦和レッズファンなので嬉しい)

コンサドーレ札幌の小野選手

最後にまとめです。

大通公園での雪祭りの準備段階を見れたこと、雪まつりのもう一つの会場であるつどーむ会場に行けたこと、この2つが大きな収穫でした。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら