【生活】習慣化しているかを確かめる方法。それは1度やめてみて自分がどう感じるか?

こんにちは、Joe3です。

今日は月曜日の朝、ドタバタしていて、いつも身につけるガーミンの時計を忘れてしまった時の話しです。

ガーミンの活動量計

普段、自分のやっていることが習慣化しているかどうか不安に思ったことはありませんか?

習慣化を確認するには、1度それをやめてみる(今回はただ単に忘れただけですが)とよくわかります。

どんなことがあったのか

その日一日中、時計を忘れたことを認識していても、頭ではわかっていても、ついついただの手首を眺めていました。

そのたびに苦笑いです。多い時は10分おきとかに手首をガン見しては苦笑いの連続が続きました。

外出時に乗車時間や歩数を気にしていて、それが見られないことですごく不安な1日だったことがわかりました。見られないストレスもたまりました。

習慣化していることは自分では気づかないことですが、それができない環境になると、途端にストレスを感じる、不安になる、こういう状態になるものが習慣なんだと改めて感じました。

自分は活動量計の時計を身につけて、時間と歩数をかなりの頻度で確認していることがよーくわかりました。

ということは普段やっていることをやめてみても、ストレスを感じなかったり、不安に感じない場合は習慣化はまだ道半ばなんでしょうね。

たまに意識的にやめてみて、自分がどういう状態になるのか、習慣化のレベルを再確認してみることも必要かもしれません。

気づき

  • 習慣化を確認するには、1度それをやめてみる(今回はただ単に忘れただけですが)とよくわかる。
  • たまに意識的にやめてみて、自分がどういう状態になるのか、習慣化のレベルを再確認してみる。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら