【本】「1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣」という本を読んで、身体を動かすことからスタートです

こんにちは、joe3です。

最近読んだ本「1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣」(ブレット・ブルーメンソール著)の話しです。

1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣の本

 

この本は4つのパート「ささやかな幸せに気づく」「最高の毎日をつくりあげる」「すこやかな自分に出会う」「美しい心で人生に向き合う」に分かれていて、ぞれぞれ13項目ずつ、計52項目あります。それぞれの項目には、その効果と今すぐできることが書かれています。

第1印象は52という数字、1年は52週ということでした。

掲載している52項目は、自分で意識している項目と意識していない項目がはっきりしていて、振り返りリストのようで面白かったです。1項目ごとにさらりと書いてあるので、テンポよく読めました。

まずは「身体を動かす」からスタート

1週間に1つずつ、52項目の中から自由に選択し、復習も含めてのスタートです。とは言っても2月5日から既にスタートしています。

まず生活のベースになるパート「すこやかな自分に出会う」から身体を動かすの項目を選択、これは既に自分としては実行している項目で取っ付きやすい項目です。(最初のハードルは低めに)

振り返ると、歩く(歩数を記録する)、階段を使う(元気で人のいない時は一段抜かしで)、電車でなるべく立つ、体操をする等、毎日の通勤生活に運動要素を溶け込ませるようにしています。

まとめ

既に実行している項目ではありますが、チェックすることで、改めてその意義を確認することができました。

毎週の楽しみが増えました。52項目、1週ずつ実践していきたいと思います。途中挫折もあるかもしれませんが、53週目にはどんな自分がいるのでしょうか。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら