「神さまとのおしゃべり」(さとうみつろう著)は神さまと筆者のやりとりがなんとも癖になる、生き方のバイブルです【書評】

こんにちは、joeです。

今日は「神さまとのおしゃべり」(さとうみつろう著)の書籍の感想。神さまと主人公のみつろうとの会話形式で進む、なんともそのやりとりが癖になる、深ーい生き方のお話し。

普段からkindle本で読んでいるが、単行本は509ページもあり、ボリュームたっぷりの本。

ただ会話形式で話しが進むので、気づいたら最後のページという印象だった。最初に単行本でどれだけ分厚い本なのか、知らなくて良かったかもしれない。

早速本を読んで心にグサリときた5箇所をあげてみたい。

第5位 どうしたい

引用
「それなら 、どうしたいのか ? 」と常に自分に聞くクセをつけなさい 。

 

自分のしたいことを考える。いやなこと、したくないことは楽しくないし、何も生まれない。気持ちが前向きになるのって、確かに何かを欲している時。

第4位 迷い

引用
迷っているということは 、実はどっちでもいい

 

これはすごく納得のいったセリフ。時間は他にかけるべきなんだろう。どちらを選んでも正確だし。

第3位 嫌いな人

引用
あなたが持っていない価値観をたくさん持っている人のことを 、あなたたち人間は 「嫌いな人 」と呼ぶ

 

これは1番ビックリしたところ!

 

自分とは合わないとか、なんとなくいやだなと思う人は、笑いのつぼが違うと感じる人。普段はできるだけ近づかないという選択を取ってきた。

でも価値観が違うということは、自分に全くない価値観を学ぶ対象であることは、まさに逆転の発想。いや、自分の中にもあって、悪いことと封印している価値観なのかもしれまない。

自分の嫌いな人にあったらむしろ「ありがとう」というべきなのかもしれない。

第2位 本当の私が望むもの

引用
「自力 」でどうにかしようという幻想を捨て 、 「本当の私 」が望んだ通りに全てはただ起こっていると気づけたなら 、その瞬間に 、世界の風景は変わるよ 。一瞬で 。

 

自分が観ている世界は自分で写しだしているもの。本当の自分が望むものが変わらなければ、写し出す世界はいつも一緒。変わりたいと思いながら変われないのはまさにここが原因だなあ。

第1位 自分を信じる

引用
実際 、あなたは全てを内側にすでに持っている 。あとは 、持っていることを信じきれれば 、自然と出てくるよ 。あとはそれを誰かに 、わけ与えなさい 。それがいつの間にか 、お前の新しい仕事になっておるじゃろう 。

 

これが本当の目標かもしれない。自分を信じること、そして周りに感謝すること。

まとめ

自分を信じなければ、すべては始まらない。

ただ言うのは簡単だけど、なかなか実践は難しい。それでこの本を読んでいるわけでもあるし。

自分を信じること、自分の目に映る世界は自分が思っている、望んでいる世界なんだから。

読み終えて少し寂しい感じもあるが、本の続きは実践で・・・。

神さまとのおしゃべり

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

作者の情報
さとうみつろうさんのオフィシャルブログはこちら

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら