年始の混雑時に運転免許証の更新に行ってきました。危険を予測する運転は大切ですね

こんにちは、joe3です。

今日は運転免許の更新で学んだことの話しです。

運転免許の更新、年末年始は混むとはがきにも注意書きがありましたので、待ち時間を覚悟しての訪問でした。

運転免許更新からの学び

午後一番の13時ぴったりに最寄りの警察署を訪問も22番目。すでに待ち行列ができていました。

窓口で書類をもらい必要事項を記入し、更新料金を支払い、視力検査をし、写真撮影までで約30分、違反なしの優良区分だったので30分の講義を受けて終了、トータル約1時間でした。

講義内容は最近の道路交通法の改正と危険を予測する運転、埼玉県の最近の死亡事故の傾向の話でした。最前線の情報を入手するいい機会でもあります。

危険を予測する

見えない危険と見える危険があり、どちらも危険を予測する運転が大切とのこと。
危険予測は次の3つがポイント。

情報の的確なキャッチ
存在の察知
相手の動きの予測

五感情報から予測して行動することと理解しました。

超高齢社会と交通事故対策

配られた交通教本で、高齢者の交通事故実態という箇所があり、「より一層、高齢運転者と高齢歩行者の交通事故防止対策を推進していく」との記載がありました。

埼玉県の昨年の死亡事故の話しもあり、死亡者数は愛知県に次いで2番目に多く、昨年よりも人数が増加しているとの事。ちなみに3位が東京都。

事故の原因は前方不注意が最も多く、内訳では漫然(まんぜん)と脇見とありますが、漫然の方が多いそうです。

漫然(まんぜん)という言葉を初めて聞きましたが、調べてみると「ぼんやりとして心にとめないさま」(コトバンクより)いう意味だそうです。

前方を見えてはいるけれど、意識的に見てない、意識面の問題は大きいですね。

今日の気づき

五感の情報を駆使して、常に予測行動をとること

さいたまスーパーアリーナからみた富士山

上の写真は、さいたま新都心駅近くのさいたまスーパーアリーナからみえる富士山です。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら