【ランニング日記】ジョグポート有明でランニングイベントに参加してきました

こんにちは、joe3です。

今日は、「国際展示場」駅近くのジョグポート有明でのランニングイベントに参加して来た時の話しです。

ジョグポート有明

ジョグポート有明にて

初めてランニングのレッスンを受けて来ました。フルマラソン歴3年目になりますが、今までランニング本を読むだけで、一度も直接ランニングフォームや練習方法を習ったことがありませんでした。一度受けてみたいと思い、今回参加して来ました。

事前に27日のイベント参加をWEBから申請したところ、2日前にリマインドメールが来て、集合時間やイベント内容を確認しました。

当日、最寄り駅である、りんかい線「国際展示場」駅改札を出ると、正面に東京ベイワシントンホテルが前方に見えるので、その右対面の有明フロンティアビル1階にありました。

施設使用料(ビジター使用で700円)とレッスン料(2,500円)をフロントで現金にて支払い、ロッカーキーをもらいました。(カードは使えないそうです)

ジョグポートのロッカー

施設にはシャワーとロッカー、洗面台があります。
この施設の入っているビルは中心部分が吹き向けの広いスペースとなっており、テーブルと椅子もいくつか設定されていました。

受けたレッスン内容

今回「【自己記録更新】レース後半失速しないためのフォームと練習方法~」というイベントに参加してきました。

レッスンは約90分、ビルの中央スペースでの15分くらいの講義と屋外での実技という2部構成。

講座では早速資料を配布しての説明でした。
コーチから「ランニングの負荷は体重と歩数のかけ算」との話しがあり、その負荷を下げるには体重を減らすか、歩数を減らすかといずれかということです。

自己記録更新を目指すならば、まず失速の原因を特定すること、そして原因改善のためのトレーニングをすること、おー明確でわかりやすい。

失速の原因は大きく3つあるそうで、「スピード不足」「脚の持久力不足」「心肺持久力不足」とのこと。あなたはどれですか。うーん、やはり2番目の脚の持久力不足ですね。昨年のさいたま国際マラソンでも残り3キロがキツかったのを覚えています。

実技では基本となるランニングフォームの確認からでした。特に脚の動きの確認。お尻の下の筋肉に意識します。

次は脚の持久力として階段でのトレーニング、短時間で脚に負荷を与えるメニューの実践でした。これは本当にきつかったですが、走らない練習メニューは新鮮で、早速取り入れていきます。

平日に走る時間が取れなければ、目的に合わせた効率的な練習で補完する、屋内でもできる練習、そう屋外で長く走るだけが練習じゃないんです。目から鱗の練習でした。脚の持久力改善は今回の階段トレーニングの他に縄跳びでもいいそうです。何を改善するかがポイントでした。

ジョグポート有明

気づき

自己記録を更新したければ、何かを変えなければ目に見える変化はない。今年は歩数を減らしてサブ4を目指します。

練習目的を明確にし、週の練習メニュー(走る練習、走らない練習)を作成します。

ジョグポート有明の情報はこちら

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら