【習慣】平日の飲み物をコーヒーから緑茶に変えてみました

こんにちは、joe3です。

書籍「1週間に1つずつ 毎日の暮らしが輝く52の習慣」(ブレット・ブルーメンソール著)の52項のうち1項目を選び、1週ごとに試しています。

この本は4つの目的別のパートに分かれています。各パートごとに13の項目が用意されていますが、まずは生活の基盤として「すこやかな自分に出会う」というパートの13項目にトライしています。

1週目は「身体を動かす」。2週目は「コーヒーより緑茶を飲もう」にトライです。

ファミリマートの緑茶

運動の次は飲み物を変える

今週はとにかくペットボトルの緑茶を買って飲み続けてみました。

それまでは眠気覚ましのために1日に約1ℓ、ペットボトルのコーヒーを飲んで過ごすことが多かったです。

眠気覚ましにはコーヒーという式が自分の頭にインプットされていたようです。

インスタントコーヒー100ml当たりのカフェイン量を60mgとすると、私の場合1日に600mg、今振り返ると結構なカフェイン量を摂取していたんですね。

ただ漠然と飲んでいたので、この書籍を通して生活の振り返りが出来たことがまず1つの効果です。

とりあえずの効果は気持ちの変化

毎日行なっていたこと(飲み物)を変えてみるというのが小さな変化の始まりかもしれません。

緑茶に切り替えながら、コーヒーと緑茶の共通点や違いを調べる楽しみも生まれました。

飲み始めたばかりでまだその効用はわかりません。

ただ緑茶は飲むと口の中がスッキリしますし、いろいろな効果があると思って飲むと、気持ちの面からもリフレッシュする感じはあります。

これからのこと

口から入れたものが自分の身体をつくると思うと、毎日の飲み物への意識も大切ですね。

ただ緑茶にもカフェインは入っているので、メリットとデメリットを認識した上で、夕方以降は水に切り替えるなど、ほどほどの精神で続けていきたいと思います。

たまにはコーヒーの週、お茶シリーズでは烏龍茶の週、麦茶の週、紅茶の週をつくるなど、飽きない工夫もしていきます。

さて来週は何を試してみましょうか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら