【生活】ひげの脱毛を始めました。その影響で何かと肌のケアに意識が向かうようになリました

こんにちは、joe3です。

毎朝の日課にひげ剃りがあります。これを断捨離したいと今年の初めに決意し、ひげの脱毛を始めました。

おかげで40代後半で初めて肌のケアを意識するようになったという話しです。

ブラウンS3と日焼け止めとちふれのうるおいジェル

カンセリングから初診までの道のり

ひげの脱毛の情報を検索し、医療レーザー脱毛の機関を選ぶことにしました。拠点や件数の多さも決め手にしました。

最初のカウンセリング予約が1月中旬にとれ、予約日に受付を済ませ、少し緊張しながら待合室で待機。

自分の番号が呼ばれ、個室に移り、動画を見て、質疑応答、パーツと回数の指定と見積もり確認、確定といった流れでした。

まずは最大の6回コースを選択。1回ごとに1ヶ月くらいあけるそうなので約半年。実際の効果は10回くらいが平均とのことで、そうなると約1年はかかりそうです。

カウンセリング後に初診の予約を取り、注意点を聞いてその日は終了。

ひげの脱毛の初診

今回3度目の正直でひげの脱毛を受けることができました。というのも、前回、前々回は肌の状態から断念したからなんです。

1回目は日焼けの状態から、2回目はカミソリ負けしていた肌の状態から、初診を見送ることにしました。

その都度、次回の予約を再度とるのですが、土日は人気があり、どうしてもその日から1ヶ月半から2ヶ月後の予約となります。

ただキャンセルが発生するようなので、土曜の朝にキャンセル情報を窓口で直接確認してから、再度予約をとるようにしました。

その効果もあってか、3月上旬にひげの脱毛の初診(1回目)を受けることができたんです。

肌の状況を確認後、装置を肌に当てると、ひんやりと冷たい感覚、15分くらいで終了。私の場合、特に痛みは感じませんでした。

肌をケアするという意識の変化

ひげの脱毛を始めて良かった点は、自分の肌のケアを意識するようになったこと、具体的にはUVケアとひげそり後の肌の保湿(ちふれのうるおいジェルを使用)です。

それまでは肌のケアに対する意識はほぼゼロで、屋外スポーツをしても日焼け止めはつけず、日焼け後にジェルを塗る程度でした。

紫外線の肌へのダメージを考えると、アフターケアでなく、事前のUVケアは必然でした。かなり遅いですがこれから気をつけます。

さてこれからどのような道のりが待っているのでしょうか。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら