【生活】持ち歩き用のタブレットをiPad mini 2からiPad(第6世代)に変えてみました。重さと画面の大きさのどちらを優先させるべき?

こんにちは、joe3です。

平成30年の買いたいものリストにiPad Pro 10.5とApple Pencilがありました。

3月末に登場したiPad(第6世代)に心動かされ、アップルペンシルとともに即購入。その経緯をお話します。

購入は持ち歩き用なのでiPadのWi-Fi+Cellularモデル。

iPad9.7(第6世代)とApple pencile

iPadを思わず買った理由

もともとiPad Proを買ってみたかった理由は主に2つ。

  • Apple Pencilを利用して手書きノートの替わりで使いたい
  • Touch ID センサーでログインしたい

私は極めてライトなユーザーで、Proの仕様を果たしてどこまで使えるのか、正直不安はありました。

そんな中でのiPad(第6世代)の登場、買ってみたい理由の2つがクリアーされており、値段も魅力的。

そんなわけで購入してしまいました。

持ち歩き用タブレットの基準

持ち歩き用のタブレットを選ぶ、自分なりの基準は主に2つ。

  • 電車の中の立ち見する際に耐えうる重さであること
  • 検索した情報やKindle本が老眼でも見やすい画面サイズであること

iPad miniの重さで今まで過ごしてきましたが、これからiPadの重さに慣れるんでしょうか?

楽しみでもあり、不安でもあります。手の筋肉痛が出てこないか、寝る前にチェックしてみます。

またiPadがノートの代役として活躍できるのか、その使い勝手もレポートしていきたいですね。

SIMカードとケースの選定

持ち歩き用タブレットにSIMカードを挿しての利用はやはり快適です。

現在利用しているSIMカードはb-mobileのおかわりSIM。

iPadのケースも重要なアイテムです。

こちらはアップルペンシルを収納できて、立って利用する際にケースの後ろに左手が添えられる、いいものをamazonで発見。

iPadのケース

iPadのケース

ケース情報(amazonにて平成30年4月に購入)
ブランド Ztotop
新型iPad 9.7 2017/2018 ケース Ztotop 高級PUレザー製アップルペンシル収納 オートスリープ機能 カードポケット付き

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら