【学び】「ビリーフリセット入門講座」を受けてみました。40代で新たな気づき?

こんにちは、joe3です。

4月は新たな年度の始まり、自分にとっては学びの季節と位置付けています。

昔から自己肯定感は低く、新年度の始まりには前年度を振り返り、反省点からだめ出しの多くなる季節でもあります。

今回は、作曲家であり、カウンセラーでもある大塚あやこさんが監修し、ビリーフリセット・アドバイザーが講師を務める「ビリーフリセット入門講座」を受けてきたという話しです。

参加のきっかけ

40代になり、人生の折り返し地点を意識する年代になって思うこと。

それは凝り固まっているかもしれない、思い込みのようなものを意識的に見つめ直す、そんな機会が必要だということ。

年を追うごとに、この歳ではこうあるべきという、自分の中の理想像が立ちはだかる感じがします。自分を覆っている殻がどんどんかたくなっていくイメージ。

1回限りの入門講座ということで、ハードルも低かったので、勇気を出して参加してみました。

講座を受けてみて

この講座で「事実に自分の思い込みや信じ込みの観念(ビリーフ)を通すと、感情が生まれる」という。

事実とその結果わき起こる、自分の感情とを比べ、その間にあるブラックボックス、自分の中のフィルターは何なのか?

意識的に考えてみると、なんとなくですが、自分の感情の正体がわかったような気がします。

感情の正体がわかれば、対策も立てやすいかも。

また自分のフィルターがわからない時の合言葉は「それって本当?」。

第三者からの問いかけってすごく重要、自分の意識層にはない新たな発想が得られるから。

まとめ

入門講座は1回コース、4時間でした。

盛りだくさんの内容で、消化しきれないくらい。ビリーフリセットの概要を確認するのにすごくいい講座だと思います。

自分にとっての新たな発見は、事実と感情の関係性でした。

大塚彩子さんの公式サイトはこちら

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら