応援しているチームが負けてモヤモヤした時の自分の解消法。それは走ること【サッカー観戦】

こんにちは、joeです。

昨年まではさいたま市の浦和区民の浦和レッズファンだったが、今年から大宮区民になった。

同じさいたま市でも大宮は大宮アルディージャの本拠地。そんなアウェイの地でひっそりと暮らしている。

9月1日は埼玉スタジアム2002にて対セレッソ戦。浦和レッズは先制点を取るも結果は逆転負け。

埼玉スタジアム2002

天気もそれに連動してか、試合の始まりは雨も奇跡的に止んでいたのに、試合途中から雨足が強まり、試合が終わっても雨が続く。

夜の試合の勝敗は終わった後の疲労感が違う。帰宅までの道が非常に寂しい。しかも自分からマイナスのオーラも発生する。

負けると当然悲しい。自分が試合に負けたわけでもないのに、応援しているチームが負けると自分の心も乱れる。

こればかりはなかなか客観視できない。試合に負けたという単なる事実と湧き上がる自分の感情。

スタジアム全体を覆う空気、選手やサポーターの気持ちが伝心する感じ。

このモヤモヤの解消のための解消法、それはスタジアムから浦和美園駅までの約2kmのランニング。走ることで頭の中がクリアになる。

走っている間、無心になれる。ということで、ランニングは自分にとってモヤモヤ解消の最大の特効薬にもなっている。

ただ試合は自分でコントロールできないので、結果に対してわき起こる感情がある、この試合観戦は自分にとってとてもやっかい。

そしてこれが有意義な時間の使い方なのかという思いが頭をよぎる。特に負けた時だけど。

これが愛、好きってことなんだろうなとも思う。

そうそう、いつもの移動手段は自転車だが、今回は大雨のため、電車移動に切り替えた。

キックオフ19時だったので電車の乗換案内を見たら、JR大宮駅から西船橋行きのしもうさ号経由を発見。

武蔵野線の東川口駅まで乗り換えなしで行けて、そこから埼玉高速鉄道に乗り換えて一駅、浦和美園まで。本数はなさそうだが、これは便利だった。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら