第11回富士山・山中湖チャリティ駅伝大会に初参加。みんなでタスキをつなぐ楽しさがたまらない!【運動】

こんにちは、joeです。

今回はランニング日記、10月14日の第11回富士山・山中湖チャリティ駅伝大会に参加した時の話し。

高校時代の友達の声かけで5人1組のチームと3人1組のチームでエントリーした。

誰も陸上部ではないし、定期的に走るメンバーでもない。ただ走ってみようという好奇心からのエントリー。

やはり最初の一歩はこのワクワク感だ。

大会は山中湖畔の周遊コースで第1から第5走者で山中湖を2周するチャレンジコースと第1から第3走者で1周するエンジョイコースがある。

区間で走る距離は異なる。第1から第3走者で1周、第4と第5走者で残り1周を走る。

私は第4走者で最長の7km担当になった。

駅伝の場合はそれぞれ走者によってスタート地点が違うので、走者ごとにその場所に移動しなければいけない。

その地点まではバスか船で送ってくれる。また走り終わった後もゴール地点まではバスか船で送ってくれる。

第11回富士山・山中湖チャリティ駅伝大会

山中湖チャリティ駅伝のコース

スタート

当日はあいにくの雨。ただスタート時点、奇跡的に雨があがる。

山中湖スタート場所

駅伝は初めての参加で、ハーフマラソンやフルマラソンと違い、チームで走るワクワク感がある。

次の走者にタスキをつなぐ意識が走る推進力になる。これはすごい。

そう、これは運動会のリレーのようだ。

次の人にタスキをつなぐには走り続ける必要がある。全力で行こうとの声かけ。この意識は本当に新鮮で楽しい。

タスキをもらって「ありがとう、いってきます」、タスキを渡して「ただいま、いってらっしゃい」と送り出す感じ。

第4走者はスタートを見ることはできるが、走るまで1周待たなければならない。その間、バンドの音楽を聴いたり、会場の雰囲気を楽しんでいたら結構すぐの順番になった。

タスキをもらい、いざ出発。マラソンと違い、次のランナーにタスキを渡す使命があるのでずっと燃えている感じ。

次の走者が見えて、気分は最高潮。最後まで全力を出し切った満足感。これは気持ちいい。

山中湖チャリティ駅伝の記録

終わってみての感想

駅伝で走ったメンバーは口を揃えて、来年までに鍛える、走る目標ができたと意気込んでいて、次出ることを前提に話しているのが面白かった。

自分のために走るから、みんなのために走るに、第1人称から第3人称へのシフトがとても心地よい。

今回心残りなのは、私の走る時点で雨が振り、携帯を持たないで走ったので写真がない。

けれども本当に楽しい駅伝だった。タスキでつなぐがポイントだ。

富士山・山中湖チャリティ駅伝大会の情報はこちら

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら