浦和レッズ観戦。相手は鹿島アントラーズ。自分の思いは力になるのか、届くのか?【雑記】

こんにちは、joeです。

今日はサッカー観戦の話し。浦和レッズを応援して16年になる。

10月20日はチームカラーが共に赤と赤の対決、対鹿島アントラーズ戦。

どちらの応援も熱量が半端なく、いつもすごく盛り上がる感じ。

今年は元鹿島アントラーズを率いていたことのある監督と元鹿島のFWが浦和レッズにいる。何か縁、つながりを感じる試合。

どんな試合になるのか、試合前からワクワク感でいっぱい。

さいたまスタジアム2002

前半

前半は浦和のパス回しがさえてリズムを作るも、逆襲から反対側のフリーの選手に決められて0-1で1点ビハインドで終わる。

サッカー場の雰囲気は非常に気持ちよく、両チームの選手ともきびきび動く。この選手の空気は主観的だが見ている側にも伝わってくる。

浦和レッズにはあと最後のシュートの迫力が欲しいところ。

見ていてワクワクしたのはFWのドリブルがキレキレなところと中盤のMF3人のバランスと全体の動きの連動性。

この中盤MF3人の流動的な動きが全体のいい流れをもたらしていると感じる。流れが淀まないことは大切。

また流れのある試合は見ていてとても興奮する。

さて後半はどんな流れになるのだろうか。

 

後半

浦和レッズがコーナーキックからニアの選手のへティングシュートで同点。

この得点シーン、そういえば練習試合で見せたゴールの形と同じ。練習の成果が実践で実を結ぶと気持ちいいんだろうなあ。

後半になっても浦和の選手の足は止まらない。相手もさらに攻撃的になり、押し込まれるシーンも増え、またゴールボストにも助けられる。

今日は何と言っても浦和レッズのFW武藤の日で、本当に動きが凄すぎた。最後までキレキレで、その調子のよさが伝わってくる。

最後4分のアディショナルタイム、浦和の応援が後押しでスタジアムは最高のボルテージになる。

応援という人の思いは一つになると大きな力になるという、とても貴重な体験ができたスタジアムのライブ観戦。

さいたまスタジアム2002

この感覚がたまらない。地元愛もうれしい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら