40代会社員が日本橋にあるヨガスタジオで「呼吸ヨガ〜瞑想」に参加。ゆったりとした呼吸を味方につけよう【ヨガ】

こんにちは、joeです。

今年の4月からヨガを始めて、自分にとっての1番の効用は鼻呼吸を手に入れたこと。

ゆっくりとして呼吸て、お腹のあたりをめがけて吐いている。そうするとお腹のあたりがほんのり熱くなる。気持ちも落ち着いて、あたまもスッキリしていい。

週始めの月曜はさっそくヨガに向かう。

日本橋のスタジオシャンティ

呼吸ヨガに参加

今回初めて参加した「呼吸ヨガ〜瞑想」のレッスン。時間は20時40分からのコース。1日疲れたカラダのメンテナンス時間に充てる。

この呼吸ヨガのレッスン、ゆったりとした呼吸とともに、カラダを伸ばしたり、ねじったり、背骨の1つ1つを意識して丸めたり、伸ばしたり、意識してやった。

一番印象的だったのは足の指の動き。普段靴の中で固まっている足指。

この足指を握ったり、開いたり、親指だけ手前に引いてチョキのポーズをしたり、親指を奥に伸ばしてチョキのポーズをしたりした。

親指を前後にする動きは足のモモの内側や外側の筋肉とも連動しているらしい。

確かに親指を後ろに引くチョキのポーズはももの内側に力が入る。

普段の歩きから靴の中の親指の動きを意識して動かしてみよう。

インストラクターの先生が言うように、手の指は普段動かすけど、足の指はなかなか動かしていない。

結んで、開いて、親指を前後、この動作を繰り返そうっと。

このレッスンは全体的にゆったりとした動きのヨガなので1日の終わりにちょうどいい。

最後はシバーサナでお休み。

 

気づき

今回のレッスンでゆったりとした呼吸と足の親指の動きを意識できた。

これは日常生活にも取り入れやすい。足の親指と土踏まずを意識して歩いていきたい。

自分の心とカラダ、今日も一日お疲れさま、ありがとうと感謝の気持ちを伝えたい。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら