40代会社員のヨガ体験2019。火曜の夜はオトコヨガ。バキバキに凝り固まった一日のカラダをほぐしましょう【ヨガ】

こんにちは、会社員のjoeです。

仕事終わりに日本橋のヨガ、スタジオシャンティ。1日デスクワークをしていると、カラダがバキバキに凝り固まってしまう。

そんな1日の終わりにヨガが心地いい。看板に書かれた「ビジネスにYOGAを」の理念にも共感する。

このヨガスタジオ、マンスリーパスポート会員なら1日1クラス受けられて月10,800円(平成31年1月現在)。大変お得なチケット。

行きたい時に予約して参加出来る気軽さがいい。

火曜の夜はオトコヨガ。でもオトコヨガといっても男性限定ではない。今日も半々くらいの構成。

今日は左の太もも裏が痛くて、ヨガに参加するかどうしようと悩んだが、動かしたほうがいいのではと思い、参加を決断する。

男性用の更衣室でユニクロの短パンに着替える。上はワイシャツの下に着ているもの。短パンとタオルだけは常に持ち歩いている。

このレッスン、主なポーズの流れはいつも変わらない。ただ面白いのが、その日の自分の状態によって同じポーズでも大変に感じたり、楽に感じたりする。カラダの声を聞こう。ちなみに今日は前者。

レッスンの流れ

まずは座位からポーズはスタート、ダウンドッグを経て、立ちのポーズ、再び座位にもどり、最後は寝座のポーズ。今日は四つんばいの状態で腰やお尻で円を描く動きが気持ちいい。

最後のシャヴァーサナがあまりに気持ちよく(疲れてて?)、一瞬記憶を失う。

先生がよく言っているが、ヨガのレッスンで気をつけることはマイペース。自分の出来る範囲で行うこと。自分のカラダは自分にしかわからない。

太もも裏の痛みを懸念していたが、終わってみると、太もも裏もスッキリとして痛みが消えていた。あら不思議。

レッスンが終わってら、使ったヨガマットを拭いて、丸めて所定の位置に戻す。これで終了。

気づき

太もも裏そのものが痛みの原因でなく、カラダ全体が影響していると実感する。

痛い部分だけに注目しない。原因は別のところにあるかもしれないという気づき。

この心地よさがいつまでも続きますように。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら