40代会社員のヨガ体験。全米ヨガアライアンスの5回目【ヨガ】

こんにちは、JOEです。

全米ヨガアライアンス200時間のコースも進み、今回で5回目になる。

1日のメニューは練習、筋肉の勉強、練習、アーサナ分析。

今回の気づきは、声についての想いと筋肉への意識、重心の位置と意識について。

講師の声について想う

ヨガのレッスンを受けている時に、一番に心に感じるのは講師の声。声の高さや大きさ、スピード、話し方、抑揚など、その人の魅力が満載なのだ。

そしてその人の心がもろに現れるものでもある。

自信のある時、不安のある時、それが声に現れる。心を見透かされる感じで怖くもある。

声は心を写す鏡のよう。講師の方に話す時に意識していることを聞いたら「空間全体を意識して話す」「自分だけで話しを完結させない」という。やはり相手に伝えたいという意識が大切。

さて自分の声はどんな感じに聞こえるのだろう。自分の声を録音して声の特徴を理解しておく必要もありそう。

ポーズの際の筋肉への意識

関節を動かすにはどちらかの筋肉を収縮させる。結果、反対側は伸びる。

ポーズの動きの理解に骨の動きだけでなく、筋肉が加わると、その効果がわかりやすい。どこに働きかけるものなのか、そのためにはどこを意識すればいいのかを意識してポーズをとることにしよう。

重心の位置と意識

重心についてのぺアワーク。重心を下げた方が土台は安定する。この実体験がこれからの教えにつながるだろうし、それを言葉でペアに伝えることも大事な学び。

体験したことしか自分の言葉でなかなか伝わらないもの。

実際に自分のカラダの状態しか分からない。今日のワークでわかったことは、頭に意識を持っていくと、重心の位置があがり、足の方に持っていくと、重心の位置が下がるということ。

カラダのコントロールの為に意識をどこに持っていくかが重要。

ヨガスタジオに置いてある像の置物

ヨガスタジオから愛を込めて。

この心地よさがいつまでも続きますように。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら