40代会社員のヨガ体験。全米ヨガアライアンス(RYT200)が3月末でついに終了。怒涛の2か月半【ヨガ】

こんにちは、joeです。

40歳会社員が目指す、全米ヨガアライアンス(RYT200)の指導者養成コースも3月30日が最終日。卒業を迎える。

IYCでリード講師のTomさんのもと、21人の仲間と共にヨガの練習、ヨガ哲学、解剖学、アーサナ、アジャストなど、ヨガをトータル的に学んできた。

最初不安のほうが大きかったのが、10回目を過ぎたあたりから、加速度的に早くなり、まだ一緒にやりたいというところで終了した感じ。

習った一つ一つの点が線になり、面になっていく時期だったと思う。

熟成の時間だったのかもしれない。

本当は毎回の内容をアップしていくつもりだったが、仕事にヨガにでいっぱいいっぱい。途中から記事にあげるのを断念してしまった。でもメモには残してあるので落ち着いたら更新していこう。

怒涛の2か月半

2月の終わりに1度休みの週がある以外、1月中旬から3月末まで、土日はヨガづくしの毎日。

終盤は筆記試験や実技試験もあり、19時半のレッスンが終わった後に実技練習をして帰るということもあった。

まさに怒涛のRYT200時間、仲間と共にヨガが楽しいという推進力だけで突き進んだ感じ。

仕事もヨガも時間のメリハリをつけてやっていくしかない。

毎回の記事を書くつもりが、余力も毎日ほぼゼロで、気づけば卒業を迎えた。

晴れてRYT200を卒業する。

でも200時間が終了したからといって全てのポーズができるようになったわけではない。

まだできていないポーズのほうが多いかもしれない。特に前屈、開脚、バランスに関してはいまだに発展途上。

これからも毎日の練習を積み重ねていくのだ。

面白かったのは、このレッスン期間で、始めは全くバランスも取れずに立てなかったシールシャーナス(頭断ちのポーズ)が急に少し形になってきた。

よく先生から「ある時、急にできるようになるから」と言われていて、そんなことってあるのか疑問だったが、その意味がなんとなくわかった気がする。

コップに溜めていた水が急にいっぱいになって溢れる感じ。毎日の積み重ねがベースにあるようだが。

ヘッドスタンド

RYT200に無事登録

最後は端末を利用しての登録作業。

先生として初回の1年は115ドルをカードで支払う。2年目からは50ドルの更新料の支払いになるようだ。(平成30年3月現在)

この心地よさがいつまでも続きますように。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら