函館周辺の旅。初日。駒ヶ岳を眺めながら、大沼公園周辺での食事。リバージュとケルンというお店【食】

こんにちは、じょうです。

ゴールデンウィーク中の函館の旅。

今までは北海道新幹線で新函館北斗駅までいき、そこから在来線(約15分)で函館まで乗り換えて行っていた。ただ荷物が重いとこの乗り換えが少し大変。

そこで今回は新函館北斗駅からそのままレンタカーを借りての移動とした。

JR新函館北斗駅

宿泊先も函館市内でなく、新函館北斗駅から車で約15分のところにある、函館大沼プリンスホテル。

函館大沼プリンスホテル

結果的に行きも帰りもストレスの少ない、スムーズな移動だった。

移動の話はここまでにして、景色の綺麗な大沼公園近くのお店の紹介。

初日はハンバーグで有名なケルンと立地の素晴らしいリバージュというお店に行ってきたのでその紹介。

 

湖畔のリバージュというお店

大沼公園の湖のほとりにある、リバージュというお店。お店の外の湖畔からは駒ヶ岳もくっきり見えた。

湖畔のレストラン リバージュ

大沼からみる駒ヶ岳

リバージュランチ(1,650円)を注文。

リバージュのランチメニュー

メインは3種類から選べる。ローストビーフのセットを注文

スープ、パン、コーヒーまたは紅茶。

スープは王様しいたけ、しいたけの香りがいい。

パンもほんのり甘い感じ。

リバージュのランチ

リバージュのランチ

リバージュのランチ

料理以上に窓から見える景色が素敵。どの窓枠からも絵はがきの1枚のような感覚。

リバージュの店内からの風景

ケルンのハンバーグ

夕食はハンバーグで有名なケルンというお店。

ケルン

5号線沿いにある、ラッキーピエロ 森町 赤井川店のほぼ対面にあたる、車でしか行けない場所。

今までも行く機会はあったが、お店の前の行列を見て敬遠していたところ。

今回は宿泊が大沼プリンスホテルという、ケルンからも近いので食べてみるチャンスと思っていた。

ホテルからケルンまで約2.5km、走れる距離でもある。

開店前の朝は店の前にリスト帳があり、これに書き込んで待つことになる。このリスト帳はなんと9:30頃から置いてあるという。本当かなあ?

11:30の開店15分前にお店に到着して19番目。約1時間待ちとのこと。

お腹も減っていたので、ランチを諦めて、夕飯にまわすことにした。ランチは結局、大沼の湖畔レストランのリバージュ。

ケルンは結局、17時に再度お店に行ってみた。この時間もやはり人でいっぱい。

今度は店内のリスト帳に名前を書いて、メニューをもらい、先にオーダーをして整理券をもらう。

整理券番号は21。待つ前にオーダーするのは初めてのこと。30分待ちくらいとのこと。

店の入り口に使用食材産地が書いてある。

ケルンの店内の掲示

店内は喫茶店のようなレトロな雰囲気。

ケルンの店内

今回はオリジナルハンバーグとコンビネーションサラダを注文。

ケルンのメニュー

ケルンのメニュー

事前にオーダーはしていたが、料理が出てきたのは席に座ってからさらに20分くらいかかった。時間に余裕のある時に行った方がいい感じ。

料理はこんな感じだった。ボリュームはあるが、肉汁が滴る感じではなく、結構あっさりしていた。

ケルンのコンピネーションサラダ

ケルンのオリジナルハンバーグ

ケルンのオリジナルハンバーグ

ご馳走さまでした。全てに感謝。

お店情報(令和元年5月4日現在)
Table de Rivage(ターブル・ドゥ・リバージュ)
住所 北海道亀田郡七飯町字大沼町141
電話 0138-67-3003
営業 11:00〜19:00 定休日火曜

レストラン ケルン
住所 北海道茅部郡森町字赤井川106-5
電話 0137-45-2628
営業 火〜金 11:30〜18:00 土日祝 11:30〜20:00 定休日月曜

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら