40代会社員のヨガ体験。瞑想のガイドを考える編。自分の内面を静かに見つめてみましょう【ヨガ】

こんにちは、じょうです。

今日は瞑想のガイドの話しです。自分の内面を静かにただ見つめる、心地よい音楽と共に、心の内の旅をすると、心穏やかになるかもしれませんね。

BGMはバッハの「G線上のアリア」で。

今日の瞑想ガイド

目を閉じて。自分の呼吸に意識して、内側を眺めていきましょう。

いろいろな映像が出てくるかもしれません。

過去のこと、未来のこと、楽しかったこと、悲しかったこと、ワクワクすること、不安なこと、いろいろな思いや感情が溢れてくるかもしれません。

でも、どちらも今は存在しない、自分がただ思い込んでいるだけ、決めつけているだけかもしれません。

大切なのはその思いにとらわれないこと、呑み込まれないこと。ただ静かに見つめましょう。

脳は常に働いています。選択しています。無意識のうちにずっとがんばっているんです。

でもたまには休憩も必要ですよね。心の余裕は脳の余裕から。

この時間、頭を一度休めて、すべての思いを手放しましょう。呼吸を意識して。

(しばらくお休み)

ちょっとほおをゆるませて、笑って。カラダもリラックスして。

 

この心地よさがいつまでも続きますように。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら