40代会社員のヨガ体験。瞑想の旅でただ今、迷走中【ヨガ】

こんにちは、じょうです。

今日は瞑想のお話し。

今年の5月25日の大宮でのヨガセラピーデイでのレッスンを受け、翌日の朝から3分瞑想をスタートさせた。

朝はとにかく時間の確保が大変。とりあえず起きたてに3分という時間を確保する。

ベッドの上であぐらになり、背中まっすぐ。タイマーを3分セットしてスタート。

まずはゆっくりと息を肺から吐ききって、鼻呼吸を開始する。

4カウントで吸って、4カウントで吐いて、これを時間までずっと繰り返す。

よく集中は行くもの、瞑想は来るものと言われる。

最初は何のことかさっぱり実感がわかなかった。

今に集中することと自分の内を見つめること、集中と瞑想とでは目線がちがうのか?

確かに自分の内をただ見つめるには、自分を上から傍観するような視点が必要なのかもしれない。

まだまだ意識は集中して自分から呼吸を見つめている感じ。

この朝のルーチンを始めてもう少しで3か月になる。

今わかるのは、朝の気分によって、時間が長く感じたり、短く感じたりするくらい。

同じ時間でも日々、感じ方が違うのはある意味面白いこと。

瞑想状態にあるのかどうか、そのあたりの感覚がまだはっきりしない。

瞑想の域に達する日は訪れるのだろうか?

この心地よさがいつまでも続きますように。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら