40代会社員のヨガ体験。ダフネ・ツェのバイブランスWSに参加してきました。魂の叫びのダンスかもしれません。またはダンス瞑想?【ヨガ】

こんにちは、じょうです。

アルバムarigatoの曲をダウンロードして、普段から癒しの音楽として聞いていたダフネ・ツェさんのワークショップ。

しかも開催場所はIYC表参道。これは行くしかない。

ということで、ダフネ・ツェのバイブランスWSに当日参加してきた。

バイブランスというのはどんなもの?

ダフネ・ツェさんの今回の東京でのバイブランスWSのお知らせにこんな説明があった。

チャクラの理論と体の振動、音と自由に踊るダンスを融合させたエレンワトソンとダフネ・ツェによって考案された新しいメソッド。

 

今回体験してみて、驚きの連続。どんなWSだったのか?

IYC表参道のスタジオ

魂の宴なのかもしれない

バイブランスの予備知識もない状態でWSを受ける。

まずはペアになって、名前とこのWS参加の目的をシェアする。

そのあと、ダフネ・ツェさんのバイブランスの説明を含めたお話しがあり、そのあといよいよ実践が始まる。

鼻から吸って口から出す呼吸、声を出すので口から吐くようだ。

まずは足でステップを踏む。それに連動するように手を叩いてリズムを刻む。

次に声を発する。カラダの程よい脱力と自分で発する音の波動の心地よさ。

呼吸は自分で意識して行うことは心がけていたが、自分の声も同じだということに改めて気づく。

自分のオリジナルの声、音を発するという行為を日常であまり意識していない。

ダンスに決まりごとはなく、全ては自分の意思で行う。自由。

この空間に抑えるものは何もない,内から湧き上がる自分のダンスと内なる魂の音、声。お祭りのような感覚。

スタジオの空気もたくさんの人のエネルギーでかなりヒートアップしている。

感じたこと

今ここに意識を集中して、様々な頭の中の思いや思考を全て手放す。

激しく動いているのにカラダはだんだん脱力していく。瞑想している感覚にもなる。

そして頭がクリアになる。終わったあとはヨガのポーズの後のシャバーサナのあとと同じような感覚だった。

今回のWSの体験はとにかくすごかった。終わったあとの脱力感が半端ない。

これからは呼吸だけでなく、自分の発する声にも意識を持っていきたい。

この心地よさがいつまでも続きますように。

ダフネ・ツェの日本語版オフィシャルウェブサイトはこちら

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら