意思疎通の難しさをライブ感覚で感じました。サッカー観戦を通じての感想です

今日は浦和対新潟のサッカーの試合を埼玉スタジアムで観戦してきました。ライブ感覚はいいですね。

埼玉スタジアム

今日の試合観戦では、スタジアムの雰囲気とパスの出し手と受け手の波長が合っているか否かに注目していました。波長が合っているとチームもうまく機能しますし、合わなくなると途端に機能しなくなると思います。うまく機能しているから、波長も合っていると言えるかもしれません。

うまく行っていない時は面白いことに、その場の空気もどんより重く感じます。この空気を変えるには、周りの後押しとフィールドの本人の行動が大切だなと改めて感じました。

スタジアム全体の空気をダイレクトに感じ取れる貴重な体験の場でした。

月

もう1つ別のストーリーを見つけました。それは月の色の変化です。今日は綺麗なまん丸の月でしたが、45分の前半戦後は大きな赤い月、試合終了後は黄色の月に見えました。

試合後の月

写真で分かりますでしょうか?下が試合後の黄色の月です。ちょっとの時間で色が変わるんですね。楽しい発見です。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら