時間の余裕がなくなると気持ちの余裕もなくなり毎日のルーチンが壊れることを改めて感じました

最近帰宅時間が遅い日が続きました。

時間の余裕がなくなり、帰宅が遅くなると、就寝時間が遅くなり、そうなると朝の目覚めが遅くなります。結果、朝のルーチンが全部できなくなり、取り残しが夜にスライドするという、負のスパイラルに陥りました。

振り返ると気持ちにも余裕がなくなり、自分の時間が減った結果、モチベーションが低下して、いつもやっていたことが出来なくなりました。

気持ちの余裕は本当に大切でね。モチベーションをあげる前提の習慣化は余裕が無くなると弱いと改めて感じます。

まあいいやという開き直りも必要だなあと思いました。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら