愛しの文具シリーズ ボールペン 第7弾。イギリスのパーカーのベクターボールペン

久しぶりの愛しの文具シリーズです。第6弾でイギリスのパーカーのベクター3in1を紹介しましたが、第7弾も同じパーカーの筆記具です。

今まで7回ほど複合筆記具の紹介をしてきましたが、今回は1色ボールペンです。イギリスのパーカーのベクターボールペン(写真のものは現在既に生産終了になっているようですが)です。

このボールペンは33gあり、書く際にずっしりとした重さを感じます。

パーカーのボールペン

上の写真はブラウンとホワイトの2つ。

パーカーのボールペン

このボールペンは芯を出す時に右側の金属部分を90度回します。この回転、ひねり具合がすごく滑らかで、何度も芯を出したり、閉じたりという動作が癖になります。

パーカーのボールペン

解体するとこんな感じでした。書き味は滑らかです。このボールペンは自宅でゆっくりと落ち着いて書きたい時に使っています。

それぞれの筆記具で、軽さ・重さ、芯の出し方、本体の色、書き味、ロゴなど、それぞれに特徴があってどれも味わい深いです。

個人的には筆記具は日常持ち歩くもの、自宅用のものの2つに分けています。区分の基準は重さで、単純に軽いものを日常的に持ち歩いています。

自宅用のものは選択肢が多くなると、1つ1つの出番が減ってしまうのが難点です。

投稿カウントで見ると、この記事が100番目になるようです。好きな筆記具でこれからも書き続けられるようにと願いも兼ねて、愛しの文具シリーズを選びました。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら