立花Be・ブログ・ブランディング塾初級講座を受けました。ハッとすることの連続でした

立花さんが主催する立花Be・ブログ・ブランディング塾初級編第3講を受けてきました。

今年5月にブログを立ち上げて「量より質より更新頻度」を合言葉にこの初級講座をこれまでに2回受け、今回が3回目の最終講座でした。

講座を聞いて、ハッとすることが多かったので、自分なりに思ったこと、感じたことを書きたいと思います。

書きたい時にすぐに書けるよう、常にスタンバイしておくこと

実際に1日休むと、記事のメモを元に、編集して、内容を確認してアップという一連の動作を2回繰り返すことになります。翌日に持ち越すと2倍の労力がかかり、2倍のモチベーションも必要になります。加えてメモした時に感じた思いは時間とともに冷めてしまいます。常にスイッチを入れておくことって大切だと思いました。

うまくいかなかったことも大切な情報

自分がチャレンジする過程では、うまくいくこともうまくいかないことも出てきます。うまくいかないことも大切な情報であり、さらにどうしてそうなったかを分析すればさらに貴重な情報になると思いました。

日々の積み重ねが大切

情報を発信し続けることの積み重ねが自分をつくり、自分を進化させると感じました。「質より量より更新頻度」を合言葉にこれからまた新たに続けていきたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら