平日のプチ断食2週目の結果です

8月29日(月)から8時間で1日の食事を終了し、16時間は水やお茶などの水分のみという、食事のサイクルでのプチ断食を平日限定で行っています。

これはダイエット目的というよりも、16時間胃腸を休めると、体調としてどんな感じになるのかという、実感目的で行なっています。さて、どんな感じだったのでしょうか?

8月29日の週に試しにこのプチ断食を実施したところ、15時以降の間食がなくなったことで、胃腸の調子がすこぶるよかったので、今週も引き続き、実践しました。

ただ週末の土日は、通常の食事のサイクル(だいたい12時間で3食)に戻しました。そのため、プチ断食に戻った月曜の夜は少し空腹感がありました。ただ火曜以降は特に空腹感はありませんでした。

8月29日(月)から9月8日(金)までの体重と体脂肪率の推移をまとめました。土日は通常の食事のサイクルに戻しています。9月4日は未計測だったので、データがありません。

体重と体脂肪率の推移

まとめ

食事の内容までは管理していないのでなんとも言えませんが、体重は徐々に減少しています。また土日の体脂肪率は少し高くなりました。

7時に朝食を食べているので、15時過ぎからの間食はやめました。この食事のサイクルに慣れると不思議なもので、15時以降、特に食べなくても空腹感はありません。

15時以降、どうしてもお腹が空いた時は食べてもいいやというゆるいルールにしていましたが、今のところは平気です。

このプチ断食を実施して、自分として1番実感したことは、16時間の休みで胃腸がスッキリし、胃腸の活動も活発化していることです。身体も軽い感じです。これはしばらく平日に続けてみます。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら