平日のプチ断食もいよいよ5週目です。体組成計の値でいろいろと考える日々

平日限定の8時間のプチ断食(1日の食事を8時間以内に食べ、16時間空ける)もいよいよ5週目に突入しました。

さすがにこの食事サイクルにも慣れました。胃腸も16時間の休憩があることで非常に活発になっています。

体重はほぼ落ち着いていますが、体脂肪率の測定値が家の2台の体組成計で5%近く違う時があるのでどれを信じていいのかと悩んでいました。

ただ家庭用の体組成計の原理を知り、一喜一憂するのはやめました。確かに2回連続で計測しても、体脂肪率の値は違っているので、ばらつきがあって当たり前なんですね。

こちらを参考にしました→タニタの体組成計の原理

測定時は自分の体内の水分の状態に意識してみます。また値が違った理由をあれこれ考えるのも楽しいですね。

健康管理することが好きなんだと改めて思う今日この頃です。

何気なく続けてきた8時間のプチ断食ですが、家で夕飯を食べない生活パターンで組んでいました。よくよく考えるとこの食事のルーチンは疑問がいっぱいです。

現在の会社員の生活パターンでは本来、昼と夜の8時間コースがベターなんでしょうね。

早く帰宅することを前提に、食事のサイクルも見直す時期がきているのかもしれません。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら