ランニングのモチベションがアップ。富士山が見えるかもしれないコースで気持ちよく走れました

先週、日本タートル協会のタートルマラソン国際大会in足立のナンバーカードの入った書類一式が届きました。表紙をみると今大会のエントリー数は11,506人、かなりの規模です。

 

このナンバーカードが届くと、自然とテンションがあがります。

今回エントリーしたタートルマラソンは荒川河川敷を走るコースで、私はハーフの部にエントリーしました。

この大会を選んだ理由は、最寄駅が北千住駅と比較的近いこと、コースがフラットで走りやすいこと、10月中旬の開催と時期がいいことの3つです。

普段の練習は少し邪道かもしれませんが、ランニングは買い物などの用事、テニス場、サッカー観戦などの目的地までの往復の移動手段としてランニングを入れることが多いです。

 

天気のいい今日は、通称「うまくいけば富士山が見られるかもしれないコース」を往復10kmランニングに行ってきました。このコースはさいたま国際マラソンのコースの一部でもあります。

新見沼大橋

上記の写真、うまくいけばこの先に富士山が見えます。

今日は残念ながらもやがかかり、富士山は見えませんでした。ただ湿度が低く清々しい午前中は気持ちいいですね。

10月のタートルマラソン、11月のさいたま国際マラソン、どちらも楽しく走れるよう、練習していきたいですね。

マラソン大会の情報などはRUNNETで検索しています。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら