まずは記録を残すこと。そして次につなげることの大切さを痛感しました

こんばんは、joe3です。

今日は先月参加したテニスの試合の記憶についてです。記憶は時間が空くとすぐに曖昧になるので、鮮明なうちに記録をつけておきましょうという反省です。

9月末にさいたま市のベテランシングルス大会があり、週末に習っているレッスンの成果を試すため、試合に参加してきました。

年齢で区切られた試合で、春と秋の年2回開催されていて、同年代の方とプレーできる魅力があります。今回で3回目の参加。

試合は1回戦2-6の完敗。感想としては、何となく試合を進めて、自分のエラーで終わってしまったという感じです。

しばらくして、その時のことを思い返してみても、漠然とした記憶しか残っておらず、ショックを受けました。今まで参加した2回の試合も同じように過ぎてきたんですね。これは反省。

記憶は鮮明なうちに記録しておくことが必要だと改めて感じます。ゲーム中に自分が何を思い、どんな行動をして、どこができて、どこができなかったか、どのような記録を残すのかも含めて考えていきたと思います。

ふと頭に浮かんだのが、テニスマンガの「ベイビーステップ(作者:勝木光)」です。以前、このマンガをテレビで見た時、主人公の丸尾栄一郎さんが試合中に、ノートに書き込んで分析しているシーンを思い出しました。改めてこのマンガの内容をチェックしてみます。

まとめ

  • 記憶が鮮明なうちにまずは記録する

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら