気持ちに余裕がないと心のシャッターが降りてしまうこと

こんにちは、joe3です。

今日は昨日ブログが書けなかったという話しです。

仕事で帰宅が深夜になると、気持ちに余裕がなくなり、「もう無理」と自分を追い込んでしまい、心のシャッターをおろしてしまいます。昨日もそんな典型的な1日でした。

ただあとで振り返ると、全く時間が取れなかったかというと、電車の移動時間であったり、帰宅後のちょっとした時間だったり、気持ちがここにあれば作れたと思います。

サイクルとしては、時間がない(と思う)→心に余裕がなくなる(自分で勝手に)→視線が外に向かず、内向きになる(心を閉ざす)→思考がストップする(ただ時間が流れる)という感じでしょうか。気持ちの余裕は本当に必要ですね。

とりあえず昨日は「まあ、そんな日もあるさ」と湯船に浸かり、爆睡しました。おかげでブログは中断でした。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。毎朝の通勤(痛勤)ラッシュにもめげず、日々の観察からクスっと笑ってしまうような楽しみを見つけたいと思って行きています。毎朝夕の5分間体操を続けてはや15年、熱も出さず、体重も維持しています。毎日の観察結果を伝えていけたらと思っています。 詳しいプロフィールはこちら