【浦和レッズ観戦】サッカーのAFCチャンピオンズリーグのライブ会場 さいたまスタジアム2002から帰宅、最高のライブでした

こんにちは、joe3です。

今日はサッカー観戦の第2弾の話しです。

AFCチャンピオンズリーグのライブ会場、さいたまスタジアム2002から戻ってまいりました。

 

AFCアジアチャンピオンリーグ決勝第二戦

感動は熱いうちに打つべしということで、帰宅してすぐに報告。

生まれも育ちも浦和で、気づいたら浦和レッズファンになっていました。やはり地元への愛着でしょうか。

今回のAFCチャンピオンズリーグの試合は普段観戦しているJリーグの試合と違い、独特な雰囲気を感じます。ナレーションの違いもあります。

いろいろな国のクラブチームとの対戦をみるのは本当に面白いです。それぞれ独特な間合いがあったり、応援が違っていたり、それを見て感じるだけでも観戦する甲斐があります。

またゴールした時、勝利した時、ハイタッチして、喜びを周りの方と共有することも楽しいと感じます。

雰囲気の違いといえば、今日決勝の第2戦、試合開始前にサッカー場で出し物がありました。

さいたまスタジアム2002

太鼓のリズムに合わせて、太鼓の周りでヨロイをまとった武将姿の人がリフティング、これがすごく器用でうまい。

試合内容ですが、両者とも前半からものすごく早いゲーム展開。守備面では選手誰もが体を張ってチームで守るんだという意識があり、それが見ている側にもすごく伝わりました。

サポーターの応援力はすごく、この応援がスタジアム自身を作っていると言っても過言ではありませんでした。

最高のライブをありがとうございました。

ライブ後の自分との対話で、自分のミッションとは?自分が伝えていきたいことは?という漠然とした悩みがふつふつと湧いてくる自分もいます。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
じょうさん

じょうさん

さいたま在住、40代の会社員。2018年4月にフィットネスでヨガに出会い、ヨガを深めたくて、今年3月にRYT200を取得。日々のカラダの変化は自分でもわからないですが、自分の心とカラダの声を素直に聞いていきたいです。ヨガでのつながりも大切にしていきたいですね。 詳しいプロフィールはこちら